前へ
次へ

企業が募集する営業求人に転職する人の注意点

世の中は人手不足感が広がっていますが、実際には転職をしようとしても希望する会社が見つからない場合があります。
それは営業求人を募集する企業と、転職を希望する人との間でお互いの要求事項がマッチングしていないケースが多いようです。
企業側ではさらなる営業部門の強化のため営業力のある人材の営業求人をかけますが、転職をしたい側にとっては給与や福利厚生、年間休日数などの面が希望に合わず、応募を見合わせるといった場合がほとんどのようです。
もちろん年齢やスキル、経験といった側面も影響することもあります。
しかしその企業へ入社し実力を発揮したいと思っている人に対し、企業側がどこまで門戸を広げ、能力を持ち働きたいという意欲がある人とマッチさせるかにかかっていると考えられます。
100%完全な人はいません。
それは企業の採用担当者も応募したい人も同じです。
ただ給与やその他の希望条件が応募したい人にとって魅力的であれば、必ず応募するでしょう。
求人市場の給与、福利厚生などの相場を認識しながら、企業側と応募側のお互いがどの線で折り合えるかが重要なポイントになります。

Page Top